読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛を叫べ

スケスケ5人組とセクシーローズたちの宇宙でデブリと化しています

STAGEロス渦中の人が感想をば。

Sexy Zone presents Sexy Tour ~STAGE~

終わっちゃいましたね〜〜( ;∀;)

未だにロスから抜け出せずに、ふと思い出してはにやにやグスグスときたま、ッあ゙ァァ~〜…!となりながら完全なる情緒不安定を極めています。

すごくすごく、思い出深い、まさに彼らの最高のSTAGEをみせてもらって感情を持て余しているのでその感想をぜひ、言葉にさせて頂きたく!!思います。

 

 

 個人としては福岡公演・横アリ公演に参加させていただきました。

私のファーストステージだった福岡公演はいろいろな意味で濃かった。マリンメッセにお邪魔するのも初めてでしたが、まず1番の衝撃としてはファンの一体感と熱量がすごい!後から横アリに入って比較したときにより感じたのですが、一公演のみで地元の初参加の人が多いせいか(肌感)盛り上がりがオーラスと同等レベルですごかった。リアクションもものすごく良いし、歌ってと言われれば皆全力で合唱して音響に負けない声が響き渡るし、なにより開演10分前からSexyZoneコールが始まり、おそらく3分前~5分前にはほとんどの人が立ち上がってコールをしていました。

ラストの方にはファンはもちろんSexy Zoneの皆も最高潮に盛り上がってくれているようで、ダブルアンコのDuバイのはしゃぎ具合たるや!!

おそらくひたすらに楽しかったという意味では福岡アンコが私の中で1番じゃないだろうかと思うほど(笑)正直Duバイはセクシートンチキ曲の代表だとネタにしていたのですが、侮っていた福岡前の私を高速平手打ちにしたい。

 

こんなに楽しさのあまりしんどくなる曲だとは!!!

 

楽しすぎて楽しすぎてこのまま永遠に続くんじゃないかと錯覚するくらいまさに夢の世界でした。

個人的には、メンステ横のスタンド席といういわゆるラッキースケベ席だったのですが、ラスト健人くんが端まで煽りに来てくれて、体感としては30秒くらいずーっと視界に入れて下さり、全力で歌い狂う私たちの目の前で両手を上げ下げして(煽ってる)キラッキラの小動物のような瞳で存在し続けた部分が通夜ポイントでした。

 

 

そして福岡でこれまた衝撃的だったのが、風磨くんソロのrouge

演出が18禁だと噂は聞きつけていましたが、想像をはるかに超えていった。端的にいうと、挿入です

ベッドの上にうつ伏せになり、真下に相手がいるように隙間をあけて抱え込む体制。そして例のシンギイェーイイェーイイェーイでは正常位で腰振り。

正常位はアカン。アカンやつやで風磨くん。

曲を聴くというより、AVを大衆で見ているような気分になり、指の隙間から好奇心と羞恥の葛藤の中で盗み見るように覗いていました。

気持ちは純粋なんだよ!!

その時もド肝を抜かれましたが、横アリ公演と比較してみると恐らく福岡公演が史上最強にアカンやつだった気がする(私調べ)

 

 

そして横アリ公演。5/5,6,7と3日連続だったので新横浜までの乗り換え・時間配分はもう完璧です。普段は出不精のためヲタ活によって土地勘を身につけ、様々な場所へ足を運ぶ機会を得ている身なので新鮮でものすごく勉強になりました。

 

まずは5日の2部。

この日、まず会場入りした時点でおったまげてしまった。センター席だとは友人から聞いていて喜んでいたのですが、まさかの通路席。ここまでのいわゆる神席に遭遇したことが無かったので、友人の強運に恐れ戦きとりあえず拝んでおきました。

福岡公演のときはメンステ真横で正面から画面を見ることが出来なかったので、パフォーマンスをハッキリくっきりと目に焼き付けることが出来て圧巻でした。

 

今回のツアーは全体的に"5人で魅せる"という印象が強くて。そのひとつでもあるTeleportationIt's Going Down!の演出がほんっとうに素敵で大好きだったんですね。ライブでの特別の演出ということもあってか、歌割りなどもあまり大人の手が加わっていないというか、メンバーの新たな歌声の長所を発見できました。

具体的にいえばマリちゃん!!IGDでのエフェクトのかかった滑らかな高音が響き渡ったとき、美しさのあまりここは天界かと錯覚するほどリラクゼーション効果が半端なかった。朝の目覚ましに流れてほしい曲ナンバーワン。ぜひ音源化して頂きたい。恐らく皆さんあそこのマリウスくん大好き芸人仲間だと勝手に思っています。

 

そしてテレポーテーション。健人くんのソロステージで歌うあの姿も大好きなのですが、メンステに突如5人で現れ、頭をガツンと殴られるように流れるイントロ。

 

~ッきぃみぃへーテーレポォーテーショォンッ!!

(涙腺崩壊)

 

威厳とオーラと後光と、もう破壊力満点!!メンバーが!テレポーテーションを!歌っている!!!

その事実だけで身震いするし、個人的にはラップからの風磨くんの アァ〜イミッシンユゥゥ〜〜がたまらん。健人くんがラップを終えたあと次はこいつですとでも言わんばかりに風磨くんへ振る仕草をするのがとても好きで毎回目をかっぴらいて凝視してました。風磨くん版I'm missing youもぜひリピしたいので音源化求めます。

 

風磨くんが構成を考えているSTAGEですが彼は天才かと。まあ天才と一言でまとめるのもなんなので、よく研究して考え込まれているというんでしょうか、ファンが見たいもの、Sexy Zoneが魅せることの出来るもの、一般の方にもこのグループの良さや強味が一発で伝わるような、そんな今現在の彼らが出しうる全てのエンターテインメントが詰まっていると個人的見解ながら感じました。

 

 

そしてみんな大好きキャラメルドリームからのHey you!

毎公演素敵な萌が散乱していましたが、Snowのふまけん芸は何度見ても耐性がつかず、あるときは画面をみつめ、またある時は双眼鏡越しに、そして持ちうる視力を酷使してふたりを包むまさにあまーい雰囲気をにたにたと堪能しました。ふまけんのふまけんビジネスにまんまと嵌っているちょろいふまけん厨である自覚は存分にあるので軽率に噛み締め発狂してやりました。

 

でもね!あの柔らかくて本当にお互いを無条件に受け入れあってます!みたいな雰囲気を無限に醸し出せるのってやっぱり今のふまけんだから出来ることだと思うの!!!

 

若干の照れは残しつつもそこに意地なぞ存在せず、むしろこれをお前らは期待してんだろ的なふまけん売りの主導権を握った菊池風磨氏により、いとも簡単に操られるふまけん厨。そしてそのふーまの前では圧倒的姫ケンティ!!風磨くんに反応して見せるあのリスティきゅるるんハイパーキュートスマイルが最高の栄養補給剤なケンティ担なんだ!!(号泣)

5/12の少クラふまけん案件が私の冥土の土産になったことは言うまでもない。

 

目の前のたった1人に今は無我夢中〜♡のときの風磨くんの確信犯的な、手を口元にあててびっくり(o´ω`!♡)なリアクションは脳内にこびりついているので映像化の際はぜひ多アングルから見せてくれることを切望します。

究極個人的な話をすれば、オーラスのこのSnow部分で双眼鏡越しに覗いた健人くんとバッチリ目が合って無事昇天したことをここに記しておきます(私信)

 

 

ヘイユーツムツムでは様々な伝説がうまれていますが、ここではオーラスのお話をしようかなと。

いつもの如く聡マリが土台になり、いつもは次が勝利くんなことが多かったのですが、その日はほぼ同時にしょりけんが乗ろうとしており、結果健人くんが少し先に仰向けに寝転んだわけです。

ここで佐藤勝利の鋭利な勘がキレッキレに冴え渡ります。非常に空気を読める子、周辺状況へのアンテナが鋭敏に張り巡らされている、Sexy Zoneスクランブル交差点な勝利くんが瞬時に察知します。

 

ふまけんを。

 

この流れだと受け入れ体制万全な受ケンティに覆いかぶさるしょりけん芸も可能な状態だったはずなんです。(むしろそれも大歓迎)しかし、長年ふまけんの側で培われたふまけんセンサーでしょうか。ここで求められているのはあのお騒がせ拗らせシンメだといち早く察する。

そしてふっと少し横にズレて倒れ込みました。

 

これで舞台は整った!と言わんばかりに周りのボルテージも上がる。来いよ、とでも言いたげに菊池を煽る中島。周りの期待と何よりも相棒の物欲しそうな表情を背負った菊池は、その相棒を組み敷くかのごとく股に挟み込んで、徐々にその距離をつめていく。

中島はそっと菊池の背に腕を回し、全てを委ねるように…

そして世界は薔薇色に染まる___

 

 

とまあ脚色過多な私の妄想力はこの辺にして、素晴らしいドラマがそこにはありました。もちろん私の偏向極まりないレンズ越しの景色ですが。しかしこの昼ドラには続きがありまして。

 

ツムツムが終わり皆がはけるなか、二つの影が倒れたまま動かないではありませんか。聡マリの土台を失ってステージに眠り姫のように動かない中島氏。そこに寝込みを襲うかのように(失礼)迫り来る影。画面に映ったのは先程までの相手ではなく、まさかの

 

 

聡ちゃんwww

 

キスを迫る松島聡。目を閉じたまま動かない健人姫。

 

 

とんでもないけんそうじゃねえか

 

この流れ、MCでも話していたのですが、

 

(o'ω'o)菊池か勝利が俺にキスしようとしてた

(o´ω`o)残念、あれ松島

(o'ω'o)(激渋悲愴顔)

 

おまっ、菊池か勝利を期待してたのかよ!!!

むしろキスしてほしかったから微動だにしなかったんちゃうかァ!?あぁん!?(謎の関西弁)

 

(o´ω`o)お前ああいうことすればファンが喜ぶと思ってんだろ

(。^∪^)キスしたかったんだもん

 

そこから訳の分からぬままけんそうがキスを煽られる流れに。ドンと構える健人くんに対し、最初の勢いはあるもののいざ近づいて迫り来ると笑って顔を背けてしまうそちゃん。

そうだよね!風磨くんも言ってたけど初チューはちゃんと演技のお仕事で女優さんとしたいよね!!初めてがオトコだなんて!でもね、嵐村の二宮くんって村民の初チュー相手は相葉くんだから!!そういうのいけるんやで!!むしろ健人くんに捧げてくれるなんてヲタク的にははなまる満点じゃー!!

 

とかいう私的な欲望は抑えつつ。しかしやはりここで気になるのは果たして松島聡ファーストキス処女は未だ守られているのか、ですよね。ええ、黙った方がいいのは十二分に承知していますが気にならずにはいられないヲタク心。チェリーであることにほぼ異論はない世論だとは思いますが (あんなピュアッピュアを醸し出しておいてさりげに済でしたらスライディング土下座)(意外とやり手島全力で推せる)、そちゃん一体どうなんだい??と心の内でざわざわと呟かれたオーラスMCでした。

 

 この辺抜粋ニュアンスなのできちんとしたレポはTwitterの皆様方の文才溢れる文章をご覧いただければと。

 

 

 

そしてそして我が誇るべき自担のソロのお話。

Hey!! Summer Honey

福岡で初めて見たときも、オーラスで見納めしたときも。とにかく毎公演圧倒されていた、というのが率直な感想です。

ブルゾン健人を堂々とやりきる姿にも、この人やべぇ…最強すぎる…と気圧されていましたが、ブルーオーシャンを完全に手中にした会場の巻き込み方が、中島健人唯一無二天下無敵説を身をもって体験したような、そんな気分になりました。

ブルーのグラデーションスーツに身を包んで、トロッコで会場の中心を颯爽と通過していく姿はまさに、ブルーオーシャンを割りそこに道を作り出したモーゼでした。両手を広げて観衆の視線や歓声を一身に浴びる彼はとっっっても美しく、花も蝶も星屑もキラキラ周りに飛び交うようで、言葉にしようのない感動と興奮に胸を焦がしていました。

オーラスではブルゾン健人のコーナーで~いいんじゃない?のセリフ、最後の最後で

中島健人自身もたまには肩の力を抜いても…いいんじゃない?

と、ふっと花が綻ぶような笑顔で言った時には全健人担が泣きましたよね。サマハ二健人くんの、世の中の全幸福を具現化したようなキラキラした表情が本当に大好きです。昔と違って力の抜き加減を覚えてきたと言うようになった彼ですが、応援する人たちの人間的変化や様々な価値観を吸収していく姿を見つめることが私は好きで、楽しいと感じています。私自身も新たに気づかされることがあったり、思慮を深めることができるし、健人くんやSexy Zoneの皆にも同世代ならではの視点からたくさんのことを参考にさせてもらっているので。だからひとつひとつの時代を、今の彼らを作り出した大切な一瞬だったと捉えるようにしていて、いつも最後には前を向いて上を目指してハッピーエンドを信じている健人くんの信念みたいなものがとても好きです。

日々努力して邁進していく健人くんを全力で応援したいと思っているし、突っ走りすぎず無理しすぎないで、と思うこともあるし、それでも有意義な経験を積み重ねてきた彼ならきっとみんなが笑顔になる景色にたどり着いてくれるのだろうなという期待もあり。ぐだぐだと偉そうなこと述べていて恐縮ですが(笑)

そんな、いろんなことを考え感じたサマハ二でした。

 

 

 

そしてそしてまあ。オーラスのラストは本当にSexy Zoneにとってもファンにとっても印象深いものとなったわけですが。

最後の挨拶、健人くんから始まって。健人くんがそれまでいわゆるセクシー鬱期について自ら触れるというイメージがなかったので、風磨くんほどではないですが間接的に言葉を選びながら、話をしていたのは少し驚きました。ものすごーくどうでもいいですが、私もナイーブな問題や触れにくい事柄に自ら言及したり切り込むことが苦手というか、ダークな本音をさらけ出してぶつかり合うみたいなことは気乗りしなくて、健人くんが私なぞと同類とは口が裂けても言えませんが、なんとなく彼の態度も分かる気がしていたんですね。気がしてただけです!エゴです!(笑) だからいつも前向きな言葉を意識しているような彼だったので、ちょっとでも辛い事実を口にしたことが余計に重みをもって感じられて。 

 

それでも彼の、”厳しい現実が俺たちの夢を壊そうとしたこともあったかもしれない。でも俺は、厳しい現実が俺らを壊すことがあったとしても今度は俺たちとみんなの大きな夢で厳しい現実を壊してやろうと思う” って言葉がずしんと心に響きました。

SexyZoneのことだけではなくて自分に対してもすごく勇気になって、この人の紡ぐ言葉が心底好きだなあと、陳腐ですが思いました。

 

それに対して風磨くんの言葉はストレートで飾らなくて、皆が声に出したくても出せないようなことを、いろんなしがらみを背負って矢面に立つのが彼の強さなんだろうなと改めて実感させられました。風磨くんの考えは、あくまで私の中ではですが、真理のような気がして。

 

こんな知ったような口をきいてきた私ですが、自分自身に負い目があるのも事実です。メンバーのひとりひとりが自分の言葉で大切な本音を語ってくれて、思い出深い歌を歌って、込み上げてくるものが抑えきれずに涙を見せたメンバーやファンの方々がいて。そんなこれまでSexyZoneを見てきた人にとって誰もが立ち会いたいであろうその場に、たかだか一年弱しかリアルタイムで彼らを見てきていない私がいてもいいのだろうかと。彼らの言葉に、姿に、強さに思わず涙をこぼしてしまったけれど、本当に彼らやファンが辛くて苦しい時代を知らない私が泣くのは筋違いじゃないかと。率直にいえばそういう考えが根底にありました。

 

これは私の都合のいい考えにすぎないかもしれませんが、その場にいたからこそ触れられたものがあって、知らないことが多い私なりに咀嚼できた絆が存在した気がします。あの場はひとつのターニングポイントだと思っているので、新たなスタートに立って未来を切り拓いていこうという決意が感じられた彼らの姿を見届けることができたのは、本当にありがたかったです。

 

めちゃくちゃ輝いてるよ、Sexy Zone

上昇気流しか感じられないよ…

 

 

 

 

そして最後の最後、ダブルアンコのSilver Moonがまさに幸せにあふれていて、力強く背中を押してくれた!

 

明日も頑張れる気がする 

なんだか心が暖かいよ

 

ここでもう涙がドバドバ激流のように流れてしまい!こんなに勇気と元気をくれる歌を最後に持ってくるなんてずるすぎだろぉ…!!(ズビッ)

 

すでに意味をなしていない化粧も気にせず歌い狂い、そして風磨くんの言葉でとどめを刺されました。

 

(o´ω`o)明日からド平日だけど負けんなよ!俺らも負けないから!

 

 

ふう゛まァ゛ぐぅぅぅん!!!

 

 

ほんとにこれが終わってほしくない~!月曜日ヤダヤダヤダァ!!と駄々をこねていた私にこの上なく力強い喝を入れてくれた風磨くんにまた涙し、ありがとう!だいすき!がんばる!と安定のちょろさを露呈して、私のSexyツアーも幕を閉じました。彼の言葉ってついてほしいところを的確について現実としっかり向き合わせてくれるから弱い。

 

 

こんなに、深く深く心に刻まれたライブツアーは初めてで、改めてこの人たちに一生ついていきたい!と強くおもいました。

最強な未来しか見えないよSexyZone!!

心が叫びたがってるんだ、

Sexy Thank You!!

 

f:id:nknkasz5:20170516151456j:image

 

~余談~

5/6一部、翔さんきましたね。

МCでワクワク学校の話題が出るたび全力で拍手を送っていた私ですが、見学者紹介の際、風磨くんが「嵐の!」といった瞬間私の中の嵐センサーが緊急アラートを鳴り響かせだし、まさか!?まさかの!?(すでに号泣)と、どこにそんな高音ため込んでいたんだと自分で引くほどの悲鳴をあげ、「翔くんが来てくれてます!」で全機能が停止しあらゆる理性がぶっとびました。混乱のあまりトークの内容は記憶が抜け落ちて後にレポで確認しましたが、風磨ちゃん構成のライブであることをゴリ押しした兄貴ぶりだったようで沸きました。撮影で忙しいはずなのに合間を縫ってきてくれた後輩思いな翔くんまじSTYです。

その日の二部にも参加させてもらいましたが、ワク學トークで新聞写真の撮影秘話をセクゾちゃんたちが語ってくれて、嵐セクシー万歳\(^o^)/とわなわな噛みしめている不審な動きなやつがいましたらそれはきっと私です。とにかくうれしいんだ!

ワクワク學校、非常に楽しみにしております。ぜひぜひ距離をつめてくれることを切に願います!

 

Make a wish, Make sexy, Make happy 

Sexy Thank You♡